口コミでプエラリアの情報を集めよう|バストサイズがアップ

目の健康を維持する方法

ウーマン

目に良い食材と成分

現代はパソコンやスマートフォンでじっと画面を見る時間が多くなり、眼精疲労になってしまう人が増えています。しかもそれは大人だけでなく子供にもできている現象で、眼精疲労から視力が下がり、コンタクトレンズやめがねを身につける人も多くなっています。眼精疲労を予防又は改善させる効果のある成分として、ブルーベリーに含まれるアントシアニンがよく知られています。しかし、実は普段の食生活からでも摂取できる食材があります。それが緑黄色野菜と魚です。緑黄色野菜のなかにもキャベツやブロッコリー、ほうれん草などのような青野菜にはルテインが豊富に含まれ、眼精疲労の回復を早めてくれます。そして魚にはDHAが含まれており、その成分が目の網膜の機能を高め、パソコンやスマートフォンから出てくるブルーライトから目を守る働きを行ないます。

食生活から目を守る

普段の食生活のなかで魚料理や野菜を積極的に取り入れていくことで、自然と目を守る成分を摂取していくことができるようになります。しかも野菜にはビタミン類も豊富に含まれ、ルテインと同時に取り入れることができます。ビタミン類にも視力低下を予防する効果を得られ、中でもビタミンAやビタミンEはその効果を強く引き出していきます。1日の3食のうち1食だけで、魚料理や野菜料理を食べて栄養のバランスを整えながら摂取していくことで、視力低下を抑え眼精疲労から目を守っていくことができるようになります。ブルーベリーを食べることも良い方法となりますが、普段の食生活から栄養を取っていくことも目にとってはとても重要な方法となります。